浅田真央選手次は4回転に挑戦: 世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待!

世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待! 世界フィギュア 出場選手 女子シングル



浅田真央選手次は4回転に挑戦

3月25日、フィギュアスケート世界選手権のエキシビションが東京体育館で行われ、女子で金メダルを獲得した安藤美姫 (19=トヨタ自動車)、銀メダルの浅田真央(16=中京大中京高)ら上位選手が華麗な舞を披露した。初出場優勝を逃した浅田真央選手は、 来季は4回転ループとトリプルアクセル(3回転半)―3回転トーループを跳ぶと宣言。女王の座へ、 男子をしのぐジャンプを武器に巻き返しを狙うことになるます。

浅田真央選手は初出場優勝を逃した悔しさが、目標を明確にした。黒とピンクの衣装に身を包み「ハバネラ」 の音楽に乗って6850人の観衆を沸かせた後、浅田真央選手は新たな大技への挑戦を明らかにした。

 「もっと自分に自信を持って、攻撃的にいければいい。来季は頑張って4回転ジャンプを入れたいし、トリプルアクセル― 3回転トーループも入れられたらいい」

 世界選手権では17年ぶり2人目の快挙となるトリプルアクセルを成功させ、フリーの世界最高得点をマークしたが、 浅田真央選手のメダルは銀。関係者によると、浅田真央選手はその後すぐに4回転ループ挑戦を決意したという。基礎点10・ 0点の4回転ループは、基礎点が9・5点の安藤の4回転サルコーよりも難度が高いジャンプになる。

 さらに、4回転の公式戦での成功例はトーループとサルコーだけで、成功すれば男子を含めて世界初となる。加えてトリプルアクセル― 3回転トーループは、ダブルアクセル―3回転トーループよりも基礎点が4・20点も高い。 単純計算で4回転ループと合わせて10点近い得点アップになる。

今後も浅田真央選手の活躍に期待です。

この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。