世界フィギュア 出場選手 男子シングル: 世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待!

世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待! 世界フィギュア 出場選手 男子シングル



世界フィギュア 出場選手 男子シングル 高橋大輔

高橋 大輔(たかはし だいすけ、1986年3月16日 - )は、日本男子フィギュアスケート選手。 岡山県倉敷市出身。 倉敷翠松高等学校卒。 関西大学文学部在学中。 血液型A型。日本人男子初の世界ジュニア選手権2002年) の優勝者。またトリノオリンピック日本代表である。

滑らかでスピードのある美しいスケーティングと、 ディープエッジを駆使する左右バランスの取れたステップが、 世界でもトップクラスとして高く評価されている。

最も得意とするストレートラインステップ・シークエンスでは、 2005年のNHK杯ショートプログラムで、また2006年のNHK杯ではショート・ フリー共に最高難度である「レベル4」を獲得。 ストレートラインステップ・シークエンスでのレベル4判定は非常に厳しく、 (2006年12月現在)シングル競技において国際大会でレベル4が認定された選手は他にいない。 クォドラプル(4回転)トウループ、トリプルアクセルなどの高度な技を持ち、 男子選手には珍しいレイバックスピンも見どころ。また、 2007年現在のISU公式戦では未だ成功者のいない4回転フリップに挑戦中であることを明らかにしている。

音楽を的確に掴むセンスとリズム感に優れ、 顔の表情や腕の動きで情熱的に感情を表現する力と、 繊細さと荒々しさを併せ持ったような独特の雰囲気で、見る者を魅了する。

コーチは長光歌子、振付はニコライ・ モロゾフ

出典はWikipedeia

| Comment(1) | TrackBack(0)
世界フィギュア 出場選手 男子シングルの TOPへ戻る
世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待!の TOPへ戻る

世界フィギュア 男子シングル 織田信成選手フリープログラム変更

フィギュアスケートの世界選手権男子代表の織田信成がメダル獲得に向け、フリーのプログラムをトム・クルーズ主演のスパイ映画 「ミッション・インポッシブル」に変更したことが14日。織田信成選手は今季はエレガントな曲調のクラシック音楽に挑んでいたが、 メダル獲得に向け、インパクトに欠けると判断したための変更という。

織田信成選手は、今季は全日本選手権などで4連敗中の高橋大輔(関大)らライバルに対抗するため、安藤美姫(トヨタ自動車) のトリノ五輪時の振付師、デービッド・ウィルソン氏の指導でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―3回転トーループ― 3回転ループの3連続ジャンプや挑戦中の4回転も含めた構成を練り上げている。

織田信成選手は、顔立ちやキャラクターも含めて、ちょっとファニーな雰囲気があるので、遊び心のあるプログラムが似合うのでは?

世界フィギュア 出場選手 織田信成(男子シングル)

大阪府高槻市出身。高槻市立第二中学校 大阪府立阿武野高等学校卒業。現在、関西大学文学部在学。同じ男子フィギュアスケート選手の高橋大輔は同大学の先輩。

戦国大名織田氏の家系。織田信長の17代目の末裔(信長の七男・信高の流れを汲む旗本の末裔)として注目され、ニックネームも「殿」・「将軍」などと呼ばれていたように話題が先行していたが、2005年の世界ジュニア選手権での優勝以来の活躍ぶりから、2006年現在では高橋大輔と並ぶ日本男子フィギュアスケートのトップ選手として期待を寄せられている。
ただし、本家筋ではなく、かつ織田信成自身も次男であるため、周囲が第何代目などと呼ぶのはおかしいのではとの指摘もある。
戦国三武将で有名なホトトギスの歌を詠むなら、とのインタビューで、「鳴かぬなら それでいいじゃん ホトトギス」と詠み、話題となった。

コーチはカナダのリー・バーケル(メイン)と、信成の実母織田憲子(関西大学アイススケート部コーチ、国内での練習を主に担当)が、振付はデビッド・ウィルソンが担当。
バリエーションが豊富で回転の速いスピン、ランディングの美しいジャンプが持ち味で、大舞台での勝負強さにも定評がある。課題は不得意とされるステップの向上(最近になり克服しつつある)と4回転ジャンプの習得。

織田信長の子孫であることが海外でもよく紹介されていることを意識してか、邦楽的メロディ、あるいは邦楽楽器をフィーチャーした楽曲をテーマ曲として使う機会が多い。その一方でスーパーマリオブラザーズなどをテーマとしたユニークな演技でも知られる。ややファニーフェイスなキャラクターには合っている。

2005-06シーズンからシニア参戦。グランプリシリーズのスケートカナダで3位入賞、NHK杯で優勝し、グランプリファイナルに進出した。この結果トリノオリンピック代表有力候補となったが、全日本選手権で2位に敗れ、又代表選考ポイント数でも僅差の2位となり、惜しくも出場を逃してしまった。
もし、織田選手が出場していたらトリノオリンピックの男子シングルの結果はどうなっていたか、興味深いところ。

しかし、このシーズンの活躍は高く評価され、2006年四大陸選手権と世界選手権の代表に選ばれた。四大陸選手権では、男子シングル部門で初出場・初優勝を飾り、(同大会での日本人男子シングルの優勝者は1999年・2003年の本田武史以来2人目)世界選手権でも初出場ながらはつらつとした演技で4位入賞を果たした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。