世界フィギュア 歴史: 世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待!

世界フィギュアスケート選手権2007 浅田真央に期待! 世界フィギュア 歴史


【世界フィギュア 歴史】の記事一覧


世界フィギュアの歴史

世界フィギュアスケート選手権の歴史は古く、1896年に初めて世界フィギュアスケート選手権がロシアのサンクトペテルブルグで開かれた。
この大会では男子の競技しか行われなかった。
1906年にいたって初めて国際スケート連盟女子フィギュアスケート選手権(ISU championships for Ladies Figure Skating)がスイスのダボスにて行われ、また1908年には国際スケート連盟ペアフィギュアスケート選手権(ISU championships for Pair Figure Skating)がサンクトペテルブルクで行われた。
これらの2つの大会が、世界選手権となったのは1924年のことだった。

1930年、それまで別々に開催されていた男子、女子、ペアの各世界選手権が、同時に開催された。また開催地もアメリカのニューヨークと、はじめてヨーロッパ以外での大会となった。

1940年から1946年にかけては第2次世界大戦の影響で中断された。
戦後は1947年に、スウェーデンのストックホルムにおいて開催された。
1952年には、新たにアイスダンスを加えて開催されたパリの大会、ほぼ現在と同じ形となった。

最近の動きとしては、2002年のソルトレイクシティーオリンピックでペアの演技の採点の不正が発覚し、その後採点方法の変更が行われ、2004年〜2005年シーズンから新たな採点基準を導入したことなどが挙げられる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。